Archive

Archive for the ‘養生’ Category

食は飯の気を中心とす

身体というものは不思議なもので、
生まれてから死ぬまで
一貫して生命を保とうと力を尽くし続けます。

この驚異的な力は、
この世界のすべてを生み育て止むことのない【気】が
身体にも常に働いているからこそ得られるものです。

【気】はいろんなチャンネルを通して
身体の中に摂り込まれ循環し、そして体外に排出されます。
そうやって自身を保ち生かし続けているのです。
取り込み・循環・排出の三者のうちで
意識的に変え得るものから取り組んでゆけば
養生の質を上げることが出来るのです。

例えば、食事。
これは【気】を摂り込む行為です。
あらゆる食材は【気】の凝縮したものに他なりません。
良質の食材、鮮度の高いものは、身体を作るための最高の材料になります。
また、あらゆる食材には個別の特性があり、
毎食の食材の組み合わせによって身体への影響も違ってきます。

三浦梅園の『養生訓』には、
食事について心に留めたい記述がありますので、此処に紹介いたします。
◆◆◆
すべての食事の大原則としては、ご飯を中心とします。
漢方薬には君臣佐使といって、中心的な役割をなす生薬を君主と位置づけて、
他の臣佐使はその臣下として位置づけて君の生薬を助けるように配合していきます。これに習って、食事においてもご飯の役割を助けるように副食を位置づけます。決して副食が主食のご飯より目立ってはなりません。加えて、過食など極端なことをしなければ養生を害することもないでしょう。
[原文]
すべて食事の法は、食(いひ)の気を主とし、薬に君臣佐使といふをたてたるがごとし。其の外の物は、食の臣たり、佐使たらしめて、飯の気にかたしめず。飲食重過だになき時は、養老の道に害なし。
◇注)
*食は飯(いひ)の意。ご飯のこと。
*君臣佐使(くん・しん・さ・し) 漢方薬は、複数の生薬を混ぜて作られています。中心的な作用をもつ生薬を君薬、君薬の作用を補強するものを臣薬、君臣薬の効能を調節するものを佐薬、君臣佐薬の補助的な役割を担い、また服用しやすくするものを使薬とします。薬膳も、この考えが基本です。
例えば、葛根湯は、葛根が中心的な役割を担うので君薬。他の麻黄、桂枝、生姜、炙甘草、白芍薬、大棗は、その臣下として葛根の作用を補助します。

 

 

 

養生には三里のツボ!美容にも?

*****

 

老いも若きも天より授かった生命である。

これを保つ道理に違いはないはずだ。
それなのに、

子を授かるのに若きと老いたる者とに違いあるは

何故ぞ?

*****

黄帝(こうてい)のこの問いに対して

岐伯(ぎはく)は、成長から老いまでの一連の変化から解き始める。(素問・上古天真論)

**********
ここでは女性に関する部分のみを紹介する。
◆七歲、腎氣盛、齒更、髮長
七歳 元気が充実してきて

歯が生え変わり、髪がツヤツヤとしっかりしてくる。
◆二七而天癸至、任脈通、太衝脈盛、月事以時下。故有子
14歳 元気が旺盛となり、任脈と衝脈がしっかりと充実するので月経が始まる。よって子供を生むことが可能となる。
◆三七、腎氣平均,故真牙生、而長極
21歳 元気が隈なく全身に充満する。よって親知らずが生える。身長の伸びが止まる。
◆四七、筋骨堅、髮長極、身體盛壯
28歳 筋骨充実し髪も生き生きとして、身体から生気が満ち溢れる様子が見て取れる
◆五七、陽明脈衰、面始焦、髮始墮
35歳 陽明脈の元気の流れが悪くなる。顔面に衰えが見え始める。髪も抜け始める。
◆六七、三陽脈衰於上、面皆焦、髮始白
42歳 陽明、太陽、少陽の脈で元気の流れが上半身で悪くなる。顔の全体が衰える。髪が白くなり始める。
◆七七、任脈虛、太衝脈衰少、天癸竭、地道不通。故形壞而無子也。
49歳 任脈と衝脈の元気の流れがとても少なくなる。大本の元気が弱り尽きてくる。
身体を保つ力は徐々に失われて、もはや妊娠することは難しい。
***
養生には、任脈・衝脈と陽明・太陽・少陽の三陽脈が重要。
任脈と衝脈を調えて、陽明と他の陽経脈の通りを良くすることが、即養生に繋がる。

***
●最初に衰え始める陽明の脈について***


陽明脈は、手陽明大腸経と足陽明胃経のこと。これらは顔に出る。顔のハリが無くなり垂れてくるのはこの脈と関連が深い。

陽明脈には、有名な【三里】【合谷】のツボが所属するから、これらのツボに灸などを続けると顔に良い影響が及ぶ。
***
○帝曰:夫道者年皆百數,能有子乎。
歧伯曰:夫道者能卻老而全形,身年雖壽,能生子也。
養生の道に通じると、年老いても(100歳でも?)子供を授かることが可能とある。
この上古天真論(素問)の内容は、養生にとって重要なものであり、そして美容にも応用できる。

人の一生における変化は天年篇(霊枢)にも記載がある、参照されたし。
**********

○帝曰人年老而無子者材力盡邪將天數然也。
歧伯曰
女子
七歲腎氣盛齒更髮長
二七而天癸至任脈通太衝脈盛月事以時下故有子
三七腎氣平均,故真牙生而長極
四七筋骨堅髮長極身體盛壯
五七陽明脈衰面始焦髮始墮
六七三陽脈衰於上面皆焦髮始白
七七任脈虛太衝脈衰少天癸竭地道不通故形壞而無子也。
丈夫
八歲,腎氣實,髮長齒更;
二八,腎氣盛,天癸至,精氣溢寫,陰陽和,故能有子;
三八,腎氣平均,筋骨勁強,故真牙生而長極;
四八,筋骨隆盛,肌肉滿壯;
五八,腎氣衰,髮墮齒槁;
六八,陽氣衰竭於上,面焦,髮鬢頒白;
七八,肝氣衰,筋不能動,天癸竭,精少,腎藏衰,形體皆極;
八八,則齒髮去,腎者主水,受五藏六府之精而藏之,故五藏盛,乃能寫。今五藏皆衰,筋骨解墮,天癸盡矣。故髮鬢白,身體重,行步不正,而無子耳。
○帝曰:有其年已老而有子者何也。
歧伯曰:此其天壽過度,氣脈常通,而腎氣有餘也。此雖有子,男不過盡八八,女不過盡七七,而天地之精氣皆竭矣。
○帝曰:夫道者年皆百數,能有子乎。
歧伯曰:夫道者能卻老而全形,身年雖壽,能生子也。

食物には個性がある

食品にはそれぞれに影響を及ぼす臓腑・経絡があり、体を温めたり冷やしたりする特徴があるのをご存知だろうか。

例えば、甘酒。

味は甘辛で温の性質を持ち、心肝肺胃に関係する。
甘酒は、冷えた体を温め、滋養に効果がある。胃に優しく、体力を消耗した時や虚弱な高齢者には特にオススメだ。

自分が食するものの特徴を知ることで、より養生の質が高まる。

ここに、果物の性質を数例紹介する。【平】とは、寒温の性質がない食物。

案外と、冷え性の人は体を冷やす飲食物をとっていることが多いものだ。

*****

**********温(体を温めるもの)**********
あんず、きんかん、グミ(微温)、ココナッツ、さくらんぼ、

ざくろ、ネーブル(微温)、干し柿、桃、やまもも

**********涼(体を少し冷やすもの)**********
アボカド、いちご、みかん、オレンジ、ナシ、びわ、マンゴー、ゆず

**********寒(体を冷やすもの)**********
あけび、柿、キウイフルーツ、グレープフルーツ、スイカ、バナナ、パパイヤ、メロン

**********平(特に寒温の性がなく普段から食して良い物) **********
いちじく、梅、かぼす、かりん、グアバ、クランベリー、すだち、すもも、

パイナップル、プルーン、ぶどう、ブルーベリー、りんご、レモン

日本中医食養学会編纂の『現代の食卓に生かす「食物性見表」』から抜粋

一般的な傾向として、夏に収穫できるものや南国産のものは体を冷やしやすい。
バナナは寒性なので、冷え性の人は控える方が良い。
また、加工することで性味が変化することがある。
柿は、体を冷やす性質を持つが、加工して干し柿にすると温性になる。

カゼ予防

本格的な冬になってきました。カイロで風邪予防

しっかりと防寒対策をしないと
風邪を引き込んでしまいます。
対策としては、やはり温めることが先決。

では、どの部位を温めるのが良いのでしょうか。

ポイントは3つ。
頭・頚・背中です。

は、全身の気が一同に集まるところ。
ココが冷えてしまうと、寒さで気の流れが滞ります。
頭寒足熱が養生の基本ですが、冬は帽子などで防寒しましょう。

も気が集まる要衝ですが、とくに背中全体に影響します。
頚が冷えると背中全体が冷えてしまうのです。
外出時にマフラー、寝るときには首巻きなどをされると良いでしょう。

背中は、特に肩甲骨の間が大事な部位。
ココには風門というツボがあって風邪の入りやすい場所なのです。
ゾクゾクする寒気はこのツボから肩甲骨の下部に感じます。
ココを温めて、風邪が入って来るのをしっかりブロックしましょう。
カイロなどで常に温かい状態にしておくと良いですよ。

また、冷え性や虚弱なかたにはを加えます。
腰は生命の源、養生の要です。カイロや腹巻きなどオススメです。

それぞれに防寒対策をお持ちだと思いますが、
ツボを意識すると、より効果的です。ぜひ、お試しあれ。

参考
風門(ふうもん):第二胸椎棘突起下から外方一寸五分。左右にある。

湿を防ぐべし

 

P7070104

梅雨時は湿度が高く、その影響を受けて身体はたくさんの湿(水)を含んだ状態になってます。

***

湿は邪となって身体に悪さをすることがあるので
五臓六腑の中でも脾や胃が主となって、湿をうまく処理しなければなりません。
湿の処理に追われるこの時期に、飲食によって湿を摂り過ぎると
余計に体に負担をかけてしまいます。
身体から排出しようとして目ヤニの量が増えたり、体が重い、口の中が粘っこい等の症状が現れることになります。

***

飲食で湿に関わるものは、
水分・油っこいコッテリしたもの・なま物(果物を含む)・酒・薬などです。

ビール、鶏の唐揚げ、お刺身、フルーツなどをたくさん摂り続けると、

体に湿が増えることになります。

***

しかし、これらのものをたくさん摂取していても
すべての人が湿邪に侵されるわけではありません。

それは、体が処理する能力には個人差があるからです。
若い健康な人はその能力は高く湿の影響を受けにくく、
逆に高齢で虚弱な人や胃腸の働きの弱い人は湿邪に侵されやすいです。

但し、いくら健康な人でも深酒の後は顔がむくむ様に、
程度の差はあれ不摂生をすれば、湿の影響を受けるものです。

***湿邪***
陰邪で、重濁性と粘滞性が特徴
湿邪による病は、病勢が長引きやすく、その進行は緩慢。
湿邪は、気機を阻滞させやすく、清陽に影響しやすい。
よって、湿邪による病変は、気機不調や陽気の損傷による症状が現れやすい。
・湿土の気は同類に影響しやすい。
脾の藏は湿土の蔵。胃は水穀の海。よって、湿邪による病では、中焦の脾胃を
侵犯するケースが最も多い。臨床上、脾胃失調による症状が多く見られる。
多雨や湿気の多い住環境では、湿邪が外から皮毛に入る。
******

湿にうまく対処するための食べ物とツボ

湿邪を汗や尿として排泄する効果があるものとして、さやいんげん、ふぐ、松茸があります。

ふぐは性味が温なので冬に良いでしょう。

夏の麦茶は、利尿作用がありオススメです。但し、性味が涼なので、冬は冷えますよ。

足三里のツボは、胃腸の働きを整えて、湿を取り除きます。ココに灸をしたり針を貼ったりすると良いですよ。

*****養生しながら上手に湿と付き合っていきましょう。*****

 

便秘 大便、通ぜず

便秘解消には、食事などの生活改善が基本です。

真摯に向き合えば、身体は必ず応えてくれます。

******************************

便を押し出す力が十分で腸壁の潤滑が良好であれば快便となるが、

何らかの原因で大便が滞ることがある。これを便秘あるいは秘結(ひけつ)と称す。

通常、排便が2日から3日以上ないものを言う。

*****
便秘の種類
力不足(気秘)
便を押し出す力が弱いと、便意はあるが排便困難となる。
便塊に必要十分な力が届かない。これは、虚弱、疲労、老化、腹部の手術後の
癒着などが考えられる。(気虚・気滞)
乾燥(虚秘)
便を押し出す力があったとしても、腸壁の潤いが十分でないと、排便への抵抗
として作用する。この場合の便は、乾燥して硬く、兎糞状である。

体に必要な水分(津液)が減ったために、潤いが保てず乾燥している状態だ。

食品での対応
便秘には、唾液が出て体を潤し胃腸の働きを整えるものを取ると良い。
桃や杏は潤いを増し、便秘に良いとされる。また、腸内細菌叢を良い状態にす
るために、発酵食品を積極的に取り入れる。
一方、柿は良くない。寒で凝る性質がある。冷え性の人は特に好ましくない。

●力不足の便秘には、補気の作用のある食品を加えると良い。

米、かぼちゃ、さつまいも、大豆などの豆類、とうもろこし、など。
特に、納豆、きな粉は手軽な大豆製品である。

注)納豆はビタミンK を多く含むので、血栓・塞栓症の治療や予防に用いられる抗凝血薬ワーファリンを服用中の人は、薬の作用を減弱させる可能性がある。ワーファリンは肝においてプロトロンビン(凝固因子)の生成に必要なビタミンKの働きを阻害する。

●乾燥の便秘には、滋陰の働きのある食品を加えると良い。
梨、チーズ、ヨーグルトなど。
ただし、冷え性には、冷たいヨーグルトは控えて、固形乳酸菌が良い。

*****

(参考)

便秘の多くは、腸の働きが悪い機能性のものだが、

全身に影響を及ぼすパーキンソン病や甲状腺疾患、

大腸やその周辺の臓器の問題によって、腸が狭くなったり圧迫されて便秘となる場合もある。

また、服薬の影響で慢性便秘となっていることもある。
薬の種類と作用(参考)
薬には、主に緩下剤と刺激性下剤の2種類がある。
●緩下剤
緩下剤は、便塊に多くの水分を含ませて柔らかくすると同時に便の容積を増や
して、腸壁を機械的に刺激することで、排便を促す。穏やかな効果で比較的安
全性が高いので長期の服用に向いている。

酸化マグネシウム:マグラックス
ラクツロース:モニラック

カルボキシメチルセルロース:バルコーゼ、カンテン

ジオクチルソジウムスルホサクシネート:ビーマス
●刺激性下剤
刺激性下剤は、腸の蠕動運動を強力に亢進させることで、排便に至る。作用が
猛烈で、長期間の連続服用で習慣性や腸管の変化を来たす。
虚弱者、高齢者、妊婦などには慎重を要する。
腹痛や腹部不快感、電解質異常、大腸黒皮症などの副作用も多く、一時的な使
用法が望まれる。

センナ:プルゼニド、アローゼン、ヨーデルS、
ダイオウ:セチロ
アロエ

ピコスルファートナトリウム水和物:ラキソベロン

浣腸液:
グリセリン
炭酸水素ナトリウム配合座薬:新レシカルボン

座薬
ビサコジル坐剤:テレミンソフト

*****

気になる徴候(参考)
50歳以上で大腸がん検診をしていない場合、以下の徴候には注意を要す。
●便径の変化(便が細くなっている)
●便潜血陽性
●鉄欠乏性貧血
●閉塞症状
●最近、便秘になった。
●肛門出血(おしりから血が出る。)
●直腸脱
●体重減少

 

ダイエットの試み

今まで、気ままな食生活を送ってきましたが、
減量目的で来院された方を支援していくうちに、
小生も自身のダイエットに取り組んでみたいと思うようになりました。
*****
どんな良いことがあるんだろう。
メリットを書き出してみると、いろいろと出てきます。
***
太ってしまって、入らなくなった服が着れるようになる。
顔がスッキリする。
体調が良くなる。等々

ざっと9つぐらい思い浮かびました。
これらのメリットは、カードに書き留めて食事の前などに見ています。
*****
食事制限を含め生活習慣を改めることは、「自分に勝つこと」。
いわゆる「克己」に繋がると思ったことも動機の一つです。
*****
今までの習慣を変えると言うことは、大変なエネルギーを要しますが
それだけに達成感はひとしお。
***
9月末からはじめて、約一月半。体重は2.5キロ減少。
食事と運動を基本にしながら、生活を見直しました。
***
途中、体重が変化しない時期もありましたが、気にせず続けていくと
ある時、ガクッと減りました。
***
ダイエットしても、身体は一定の体重を維持しようとします。
身体が決めている体重設定を変更するには、多少の努力がいるということでしょうね。
****
体重計に乗るのも日課になってきたので、しばらくは、続けてみようと思っています。

人は気を穀より受く

医食同源と言いますように、ヒトは食べ物によって生命を維持しています。

黄帝内経では、「人は気を穀より受く」と記されています。

人は気によって生かされており、それは常に補充されています。

呼吸を通して天之氣を取り入れ、飲食を通して地之氣が補われます。

天地之気が身体に取り込まれ「元気」となって全身をくまなく循環するからこそ、

それぞれの部位は個別の役割を担うことができ健康が維持されるのです。

では、気の補充がうまくいかなければどうなるでしょうか?

働くための燃料が来ないわけですから、機能不全に陥ることになります。

何となくだるい、元気がない、力が出ない。

痛みと言うよりも、感覚が薄くなる、等。症状にも力がありません。

基本は、栄養のある物をしっかり食することが大事です。

しかし、胃腸が弱っていると、せっかく良質のモノを食していても身体にうまく取り入れられません。

体内を素通りして排泄されてしまいます。

大変残念なことです。

東洋医学では、胃はとても重要な役割を担っています。

ですから、身体を診るに当たっては、かならず胃之氣の状態を把握しておかなくてはならないのです。

8月の後半ともなると、

お盆休み中の飲食の不摂生や冷たいモノの取り過ぎで胃之氣が損なわれて、

胃腸が弱りがちです。

これが、夏バテへと繋がっていくのです。

おへそに手を当てて、冷たい人は要注意ですよ。

 

 

 

 

いつまでも自分の歯でいたい

歯の寿命

皆さんは、歯の寿命を知っていますか。

ことのほか短くて奥歯が約50年、前歯で約66年程度。

ですから、高齢になるほどに歯を維持することが容易ではないのです。

せめて、不養生から寿命前に歯が抜けないようにしたいものです。

永久歯が抜ける原因の多くは歯周病と虫歯です。

それは、口の中の細菌によって引き起こされます。

ですから、正しい歯磨きで口の中を清潔に保つことは大変重要です。

さらに、唾液の分泌を促すことも大切です。

なぜなら、唾液は口の中のものを洗い流すだけでなく抗菌物質を含んでいるからです。

よく噛んで食事をすることで唾液分泌を促進しましょう。

鍼灸は、歯の養生にもその効果を発揮します。

継続的な施術による血流改善や機能回復は、 健康な歯肉を維持し唾液分泌を調える効果に繋がります。

我が家の視力低下対策

パソコン用メガネが大活躍

パソコン用メガネが大活躍

*****

小学4年生の長男は、シュパシュパと頻繁に瞬きする等,

半年ほど前からドライアイの症状が出はじめていた。

***

普段からテレビ、ビデオ、ゲームの時間が長く、

目にとっては過酷な状況が続いている。

さらに照明の暗い場所での読書も気になるところだ。

***

なんでも同学年の子たちの視力が著しく落ちてきてるらしく、

ほっとけばうちの子も例外なくメガネ着用となるだろう。

何とか視力低下を防げないものかと思案し

以来、鍼灸をはじめいろいろな養生法を試みている。

  • 鍼治療。腹部のツボを使用して、目の奥にべっとりと付着した老廃物を取り除き綺麗に掃除する。
  • 棒灸
  •  ツボ。目の疲労は後頭部のコリとして現れるので、ココを丁寧に刺激する。さらに目の周辺やまぶたの上を指腹で軽くなでる。
  • アイピロー
  • ゲームの時はパソコン用メガネをかけること(強制)

*****

新学期の視力検査では評価Aで視力は1.0以上であった。

とりあえず安堵した。