Archive

Archive for the ‘運気論奥’ Category

地始凍

四時気候の図

哲理館での勉強会が、11月11日にありました。
今回は、素問入式運気論奥の四時気候の図
*****
四時とは、四季のことで春夏秋冬。

気とは、二十四節気。

候とは、七十二候。
***
二十四節気は天気予報で解説されるので、なじみの方も多いでしょうが、
七十二候となると、知っている人は稀だと思います。
***
いずれも、一年を等分(4,24,74)に分けて、気候の変化を察する手立
てとして考案されました。
***
気候の変化とは、いわゆる気の変化のこと。
***
古人は、見えない気を把握するために、多くの智慧を残してくれています。

お蔭で私たちは、森羅万象を観察し、真理を推察することが出来るので
す。
*****
<参考>
2014年11月12日からの、七十二候を三候紹介。
***
◎11月12日水曜日から16日日曜日までは、
地始凍(地が始めて凍る)
大地が始めて凍り始める。
***
◎11月17日月曜日から20日木曜日までは、
雉入大海為蜃(キジ大海に入ってオオハマグリとなる)
キジが見られなくなって、ハマグリが取れるよう
になるという意味かもしれません。

日本の略本暦での記述は
金盞香 (きんせんか、さく)
冬の気配さらに強くなり、金盞(きんせん・水仙)の花
が咲き出す。
***
◎11月21日金曜日から25日火曜日までは
虹藏不見(虹、隠れて見えず)

八せん

本日は、カレンダーに八せんおわりと書いてあります。

八せんとは、八専のことでハッセンと読みます。

今月4月11日から始まり22日に終わります。

この12日間のうちの8日が天地の気が非常に偏っている状態になっています。

暦の本には、法事・供養などの仏事、嫁取りなどには凶日とありました。

私たちを育くんでいる天地の働きは常に一定ではなく変化しています。

天は10日のサイクルで変化し十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)で表します。

地は12日で十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)で表します。

干支それぞれに、五行(木火土金水)に対応していて

天地で同じ五行が重なる日は、

五行のバランスが非常に偏っていると考えたのです。

4月

11日は壬子で水水。

13日は甲寅で木木。

14日は乙卯で木木。

16日は丁巳で火火。

18日は己未で土土。

19日は庚申で金金。

20日は辛酉で金金。

22日は癸亥で水水。

天地共に同じ五行が重なっています。しかし、八専の期間は12日あります。

他の4日を見てみると。

12日は癸丑で水土。

15日は丙辰で火土。

17日は戊午で土火。

21日は壬戌で水土。

天地の五行は重ならないので、除外されているのです。

ちなみに八専の日には雨が降りやすいそうです。

 

五行:土

*****

土は中央と西南に位する。

季節では、長夏に応ず。

長夏は旧暦六月の土用なり。

*****

土氣は吐くの意。

萬物を含みて吐き出す。

***

土は萬物の家なり。

生ぜんとするものは土より出で、

死せんとするものは土に帰る。

*****

春→夏→長夏→秋→冬。

長夏は萬物生長の窮まる時

枯死ここに始まる。

生死の境目たり。

*****

土は水に勝つと雖も

時に負けることあり。

***

土・水は互いに合一せざるに似たれども

土・水は一体となりて働くことあり。

水は土に従い流れるなり。

これ土徳、時の宜しきに從うを謂うなり。

五行:水

**********

水氣のつかさどる処は北方。

季節では冬に応じる。
*****
水は潤なり。
この陰なる氣は潤いをもたらし、
萬物を養い育てる。
之を任養という。
草木の枝花を折り取りても
水に浸せば枯れざるは、
これ水の任養の働きなり。
*****
金生水と
西方の金位より水の氣は東方へと流れゆく。
*****
水は高きところを源とし
低きところに順い流れゆく。
時に曲がりて時には折れる。
微細なところまでくまなく潤し
遠きに及ぶ。
*****
水は陰中に陽ある坎の卦。
順にして低きに従うのみならず
通達の力を含むなり。

五行:金

**********

金は、禁なり。禁止・制止の意。
萬物発生の氣を禁制し揫斂する。

*****

萬物は発生の氣のみでは成らず。
揫束・収斂もあればこそ物事は成就する。

*****

季節では秋。
萬物は春夏で生長し、秋の金氣を得て之を禁止する。

秋金の時、草木の枝葉は縮まりて伸びず。
鳥獣は巣穴に籠もりて現れず。
これ揫斂の象なり。

*****

金氣のつかさどる処は西方。
萬物は東方に生じ南方に長じ、
西金において始めてその生長を禁止する。

*****

金は沙の中、沙石に在り。

沙石は土の精なり。
則ち土精に生ずる者なればなり。
これ土生金という。

金は土石に生ずと雖も、
その形は清光清明にして土とは別物なり。
これ、金形に南方陽火の氣の兼ね帯びたる所以なり。

五行:火

**********
火は、化なり。燬なり。
化とは、変化。
燬とは、火の盛んなるサマ。
*****
火熱のつかさどる処は南方。
季節では、夏氣に応じる。

*****

火氣は、ひとたび燬然と盛んになれば、
萬物をあらゆる物へと変化させうる。

火氣盛んにして、物を煮熟す。
火氣盛んに過ぎれば、物は枯れる。

*****

炎の上は、陽氣が昇りて輝き、
炎の下は、陰氣が降りて暗し。

易経の離火の卦は、陽爻が陰爻を挟む。

*****

火は、手に取り出すことできず。
器に納めることもできない。

萬物を変化せしむる作用あるも、火には実体これ無し。
火は木より生ずるゆえに、木をもって火の体とす。
無形の火は、有形の木を得てその体とするのだ。

木が尽きれば、火の体は消え
無形の火も消えてしまう。
体用これ相い離れざればなり。

五行:木

**********

萬物には、それぞれ形体と性質が備わっている。
形体とは形であり、性質とはその物の働きである。
昔の聖人は、萬物を五に分類し名付けた。
木・火・土・金・水
これを五行という。
五行にも、その形体と性質がある。
五行を深く知ることで、
萬物の形質およびその関係性までも推し量ることが可能となる。

*****

木は、温柔をその形体とし、曲直をその性質とする。

方位では東。日の出の方角。
季節では、春に当たる。

木は、土を剋し、金より剋される。木剋土、金剋木。
木は、火を生じ、水よリ生まれる。木生火、水生木。

*****

易経では、萬物を八に分類し名付けている。
乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤
これを八卦という。
八卦の意味を説いた説卦伝には
「萬物は震において生み出され、巽において形が整い.....」
帝出乎震、齊乎巽、相見乎離、致役乎坤、説言乎兌、戦乎乾、勞乎坎、成言乎艮。
とあり、萬物の生成発展の始まりは、震(雷)の動きと巽(風)の散らす作用によるのだ。
震巽は、五行では木にあたる。

*****

木はなり。
木氣は、ものを突き動かす働きがある。
これにより眠っていた大地は覚醒し
萬物の成長発展が発動する。
一日は夜が覚醒することで朝となり、一年は冬が目覚めることで始まる。
木氣の原動力によってスタートするのだ。

*****

木はなり。
冒は、頭に何かを被って進むという意味がある。
草木の上には、葉が茂り花が咲き、下を覆う。
木之発生の氣がひろく地を覆い尽くし、そこに様々な変化生育による綾模様を織りなしてゆく。

五行之効用者、造化生成之大紀也

**********類経図翼・序・運気上-五行図
、それは上にあり。
私たちを広く覆い照らしている。
天の五行は無形の氣。寒・暑・燥・湿・風、これなり。

***

、それは足下にあり。
私たちを載せて支えている。
地の五行は形を成す。金・水・木・火・土、これなり。

***

、それはヒトのみに非ず。天地間に存在する萬物なり。

*****
天地の五行は互いに作用し合い、

よって萬物は変化生育する。

*****

五行の効用あまねく行きわたり障碍すること無し

霊妙なる哉この効用、造化生成の大原則なり。

五行相生相剋其理昭然

五行の相生相剋の法則性はまことに明らかである。
十干・十二支・五運・六氣・歳月・日時は

皆な五行之相生相剋を根拠として成立していて、

それらは交互に関連し合い作用している。

この五行、天においては無形の氣となる。

すなわち寒暑燥濕風の五氣である。

また、地においては形を成す。

すなわち金木水火土の五形である。
天地の形氣が互いに交わりて萬物を変化・生育せしめているのだ。

******************************

******************************

相生とは—–

水は金石の間に流れ
草木は水を得てよく生じ
木を鑽*(もめ)ば火生じ
火は物を焼きて灰と成して土と成る
金は土石の中に生じる。
以上、相生の理これ昭然**たり。

**********
相剋とは—–
水は火を消し
火は金を爍(とか)し
金は木を削り
木は土を穿***(うが)ち、 つらぬく意
土は水を塞ぎて
相剋****の理もまたこれ昭然たり

**********

**********

*きり‐び【切(り)火/×鑽り火】

ヒノキ・モミなどの堅い材に細い丸棒をもみこみ、その摩擦熱でおこす火。

**昭然は、これを見るに甚だ明らかであるをいう。

***穿(うが)つ—つらぬく意

****爾雅という書物によると剋は勝とある。

平成壬辰年 穀雨

夫醫書者乃三墳之經

***********

医を学ぶには、三つの大いなる書物を常としなさい。

*三墳
墳は、大。
伏羲、神農、黄帝の三つの書物のことで、大いなる道とのこころ。
伏羲の易、神農の本草、黄帝の内経にて論ずる所は、
すべてその道の至大なるがゆえに三皇の書を三墳というのです。。

***
医の論ずるところは、専ら陰陽を基本に考えます。
陰陽の理は、易に始まります。
*
医の病を治めるには、専ら薬石を用います。
医薬の道は、本草に始まります。
臓腑経絡病態針灸などの論は、内経に始まります。
**
というわけで
医書といえば、易経・本草経・内経の三つの経のことなのです。
後の世に流伝している諸々の書物は、すべてこの経から分かれて出てきたものなのです。
故に、夫れ醫書は乃ち三墳之經なり。というのです。

平成壬辰年 春分