Archive

Archive for the ‘黄帝内経’ Category

黄帝の願い_霊枢_九鍼十二原篇

約二千年前に当時の医術をまとめた黄帝内経の霊枢_九鍼十二原篇の冒頭部分には

鍼術の確立が「薬や手術に頼らず、病に苦しむ民を救いたい。」という願いによって成されたことが記載されています。

◆◆ある時、黄帝は臣下の岐伯に仰せになりました。
私は帝として政事を行い、そのために租税を徴収しておる。
しかし、多くの民はその恩恵に十分に浴すること無く、さらに病気で苦しんでいるものもいる。私はとても心が痛む。
岐伯よ、私は思うのだが、強い薬や手術に頼らない手立てはないだろうか。
小さな鍼を用いて、経脈の滞りを改善し、血気の流れを良くし、全身の循環と内外の気の出入りに調和を保つことはできないだろうか。
その方法を後の世にまで伝えることができるように、その大原則を明らかにしたい。
運用が簡単で忘れにくく、その規範を章立てにして、文章として表現しておきたい。まずは、針術について取り掛かりたいものだ。
岐伯よ、その手立てを聞きたいものだ。

◆黄帝問於岐伯曰.
余子萬民.養百姓.而收其租税.
余哀其不給.而屬有疾病.
余欲勿使被毒藥.無用砭石.
欲以微鍼.通其經脉.調其血氣.營其逆順出入之會.
令可傳於後世.必明爲之法.
令終而不滅.久而不絶.易用難忘.爲之經紀.異其章.別其表裏.爲之終始.
令各有形.先立鍼經.
願聞其情.

◇黄帝、岐伯に問ふて曰く、
余、萬民を子とし、百姓を養ひ其の租税を治めしむ。
余其の給はずして疾病あるに屬(つく)を哀しむ。
余、毒藥を被らしむること無く、砭石を用ゐること無からしめんことを欲す。
微鍼を以て、其の經脈を通じ、其の血氣を調へ、其の逆順出入の會を營まんと欲す。

後世に傳るべく必ず之を爲す法を明らかにせしむ。
終りて亡びず久しくして絶えざらしめん。用ゐ易く忘れ難く、之を爲す經紀は、其の章を異にし、其の表裏を別ち、之が終止と爲す。
各々をして形有らしむるに、先づ鍼經を立つ。
願はくは其の情を聞かん。

歯長而垢

「なんで、お年寄りは歯が長いんだろう。」
幼いころの私は不思議に思っていました。
今では、歯のお手入れの行き届いた方を良く見受けますが
50年近く前は、インプラントをしている方もなく
自然な老化の状態を披露してくれていました。

歯と歯肉の関係は、元気の枯渇で悪化します。
特に関係が深いのは【腎の臓】に関わる気の流れです。
この流れは足の少陰の脈と言い、骨と肉をしっかりと結びつける役割があります。
歯は骨の仲間との位置づけますので、
足の少陰の脈が枯れてくると、歯と歯茎の状態が悪くなります。
具体的には、
歯肉は痩せて縮み、だんだんと歯が長くなります。歯と歯茎がぐらつき、ついには、剥がれ落ちるように、歯が抜けてしまいます。(霊枢_經脈篇)

この脈の状態は比較的簡単に観察できます。
場所は、内くるぶしとアキレス腱の間です。
クスミがあったり凹みがひどくありませんか?

足少陰の脈をいかに良い状態に保つか
これが、いつまでも自分の歯を保つことにもつながるのです。

霊枢_經脈篇:
足少陰氣絶.則骨枯.少陰者.冬脉也.伏行而濡骨髓者也.故骨不濡.則肉不能著也.骨肉不相親.則肉軟却.肉軟却.故齒長而垢.髮無澤.髮無澤者.骨先死.戊篤己死.土勝水也.