切り傷と灸

先日、ストーブの掃除をしていたら金具で指を切ってしまいました。 DSC06685

深さ2ミリ長さ6ミリほどの傷、

ジンジンとした疼きや傷口周辺の腫れが顕著。

幸いに出血も直ぐに止まりましたが、すぐにぱっくりと傷口が開きそうな感じです。

この様なときは、傷口にお灸をします。

灸には止血作用があり、傷の回復が促されるからです。

お灸の止血作用は古くから認められていたようで、 源平合戦の記録などにも灸の文字が散見されます。

翌日には、傷口はしっかりと閉じて腫れはなくなり痛みもかなり消えました。

2日目には違和感なくなり、通常通り指を使用出来るようになりました。

いつも手の届くところにモグサと鍼があるので、重宝しています。

 

投稿者プロフィール

osamu
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply