八せん

本日は、カレンダーに八せんおわりと書いてあります。

八せんとは、八専のことでハッセンと読みます。

今月4月11日から始まり22日に終わります。

この12日間のうちの8日が天地の気が非常に偏っている状態になっています。

暦の本には、法事・供養などの仏事、嫁取りなどには凶日とありました。

私たちを育くんでいる天地の働きは常に一定ではなく変化しています。

天は10日のサイクルで変化し十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)で表します。

地は12日で十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)で表します。

干支それぞれに、五行(木火土金水)に対応していて

天地で同じ五行が重なる日は、

五行のバランスが非常に偏っていると考えたのです。

4月

11日は壬子で水水。

13日は甲寅で木木。

14日は乙卯で木木。

16日は丁巳で火火。

18日は己未で土土。

19日は庚申で金金。

20日は辛酉で金金。

22日は癸亥で水水。

天地共に同じ五行が重なっています。しかし、八専の期間は12日あります。

他の4日を見てみると。

12日は癸丑で水土。

15日は丙辰で火土。

17日は戊午で土火。

21日は壬戌で水土。

天地の五行は重ならないので、除外されているのです。

ちなみに八専の日には雨が降りやすいそうです。

 

投稿者プロフィール

osamu
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply