安逸の戒め

手は天より与えられた家来、
足は天より与えられた乗り物

***
うまく使うことで、
いろいろな事をしてくれるし、
あらゆる所へ運んでくれます。

***
せっかく我が身として与えられた家来(手)と乗り物(足)を使わずに
ほんのひと時の安らぎのために
他の人や物に頼ってしまうと
自分の手足は弱ってしまい
ついには天より見放されて使い物にならなくなってしまいます

***三浦梅園『養生訓』より***
手は天より我に賜はる奴[やっこ]にして
足は天より我に賜はる乗り物なり。
其の奴を置き、其の乗物を棄て、
一時の安をもとめ、人を苦しめて、己が安をもとむる故、
手足はありながら、終には手足の用もなさず。

投稿者プロフィール

admin
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply