身体の掃除は養生の道

清気が入り、濁気は出る

清気が入り、濁気は出る

 

ヒトは生命を保つために
身体に必要なものを取り入れ活用し、
不要なものを留めない様に処理している。

必要なものとは、飲食物や空気。
不要なものとは、生命活動によって出る老廃物(大小便や汗、邪気を含む)。

老廃物の処理には、
循環による浄化と、体外への排出がある。

 

生命活動あるところ、必ず老廃物は出る。
よって、その処理を行なう能力は身体自身に備わっているはずだ。

しかし、その老廃物の処理が十分に行なわれないこともある。

不摂生によって身体に負担をかけたり、
病気や老化等によって衰えてくると
この老廃物の処理もうまく出来なくなる。

体内に老廃物が留まった状態が続くと、
その部分や身体全体の働きを抑制し、気の流れが乱れて病へと進む。

病気は「気を病む」と読めるが、
まさしく病は気の不具合から始まるといって過言ではない。

老廃物を処理し身体のお掃除をすることで、
気の流れは復することと成り、これが養生へと通じるのだ。

鍼灸術の働きは、此処に発揮されるのである。

平成戊子年乙丑月庚戌日 小寒

投稿者プロフィール

osamu
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to“身体の掃除は養生の道”

  1. 柳瀬 賢吾 より:

    わかりやす~い、絵が可愛い~~

  2. osamu より:

    コメントありがとう御座います。
    私も、この手作りの絵は気に入っております (o^。^o)

Leave a Reply