へそ灸

臍は身体の中心と考える。

この臍の周辺が冷えている人は案外多い。

ココの冷えは、脾の臓の力が弱く胃腸の働きの不良を表している。

中心部の影響は全身に及んでいると考えられ

冷えによるコリや痛み等何らかの循環障害が、身体のどこかに出現しているはずだ。

この場合の対策としては、まず温である。

臍を暖めることで、身体は良い方向へと向かい始める。

暖める方法は、手のひらをそっと当てるのも良いが、臍へのお灸はより効果的である。

ヘソの上にイチゴ大のもぐさを載せてお灸をすると腹全体が温まる。

もぐさをイチゴ大にして、ヘソの上に載せる。

火をつけると、おなか全体が温まってくるのが感じられる。

心地よいものだ。

平成己丑年癸酉月辛未日 秋分

投稿者プロフィール

osamu
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.
«

Comments are closed.