老廃物と肌のくすみ

————————-

ある程度の期間、継続して鍼灸を施していくと皮膚の状態が良好になることは多く、

美容方面での鍼灸の可能性を大いに感じるところである。

体内の状態は必ず体表へと表れるもので、暴飲暴食などの不摂生が続くと気血の流れや五臓に悪影響を及ぼし、皮膚のむくみ等が現れてくる。

また、気血の滞りが解消され五臓の働きに調和が生じてくると、脈、皮膚のツヤ、潤い、毛穴の開き具合などが改善してくる。

DSCN1619

DSCN1814

女性の場合は生理や分娩後の産褥期など体内の老廃物を排出する機会があるが、それが不十分であった場合は、老廃物は体内に残ることになる。

この残された老廃物が邪気となり気血の流れを阻害するようになると、顔や肌のくすみとなって体表へと表れてくるのだ。

適切なツボを選び老廃物が排泄され始めると、体表においてもその効果を確認できるようになる。

自然治癒力の成せる業である。

平成己丑年丙子月丙戌日 大雪

投稿者プロフィール

osamu
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply