余分な水は木で吸い上げる

**********eha0168-009
梅雨の時期は
身体にも余分な水を含みやすく、
むくみ、だるい、重いなど
湿の症状が起こりやすいです。

***

この時期は
脾の蔵に、大いに影響を及ぼします。

***

脾の蔵は土に例えられるので
土に水が入りすぎて
びしょびしょにぬかるんで
歩きにくい状態になっていると考えます。

***

コレを改善へ導くためには
脾の蔵を中心にツボを選びます。
これは、ぬかるんだ処に、新たな土を盛ることで
歩きやすくするというものです。

***

しかし、先日はちょっと違ったツボを選びました。

肝の蔵に関するツボです。
肝は木に例えられます。
これは、ぬかるんだところに新たに木を植えて
その根から水をうまく吸い上げてもらうというもの。
大木が何本もあるとかなりの水を吸収するでしょう。

***

実際に身体に植樹するわけではありません。
あくまでもイメージの世界ですよ。

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

CAPTCHA